不用品回収が必要なあなたへ

異動、転勤、結婚で急に引っ越しが必要になった場合、粗大ごみや不用品の処分が必要だ。
と言っても、自分で公共のごみ収集センターに持っていけばいいのか、ゴミ収集会社に持っていけばいいのか、はたまた業者に持って行ってもらえばいいのかよくわからない方もいるだろう。
その上、費用がどのくらいかかるのか、予約は必要なのか、調べることはまだまだたくさんある。
どういうことを調べたらいいのだろうか。

公共団体の粗大ごみ回収

公共団体では、基本的に不用品を転売することはない。
よって、公共団体の粗大ごみ回収は、完全にごみとして処分することになる。
費用は、不用品回収業者に任せるよりは安くなるが、自分で持っていかなければならない。
自治体によっては、無料で回収してくれるところもあるので、チェックが必要だ。
ただし、家電リサイクル法対象品は回収しないので、こちらは不用品回収会社(https://perfect-clean.jp/)を使う他ない。

不用品回収業者

不用品回収業者は、2種類存在する。
不用品をゴミとして回収する業者と、リサイクルして転売目的で買い取る業者である。
ゴミとして回収する業者が、価格を決定する際、見るものは、体積、重量、車両、そして人員である。
特に、節約できるのが車両と人員。
コンパクトに収めて、自ら手伝いをすると、結構な費用を抑えることができるため、交渉してみるといいだろう。

買い取り業者

家電製品を回収してもらう場合、家電リサイクル法が関係してくる。
エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の4つに関しては、リサイクルを推進することが義務付けられているのだ。
また、年式が新しいものは買い取ってもらえるが、古いものはやはり、お金を支払って処分してもらうことになるので注意が必要である。

費用の見積もり

見積もりは、直接来てもらう方法、電話での見積もりのほか、インターネットを利用した方法がある。
電話で主に聞かれるのは、家電の有無、体積、重さ、車両が何台必要かということだ。
その際に、自分が手伝うという話をすると、人件費の方を差し引いてもらえる可能性があるため、予算に余裕がないなら有効である。
また、出張費が取られる場合があるため、出来るだけ身近な業者を選定すると更に費用は削減できる。

まとめ

引っ越しにかかる負担はできるだけ軽くしたいものである。
余裕があるならば、自治体のゴミ処理センター等に問い合わせて、回収料を調査するといいだろう。
家電については、多少高くはなってしまうが、業者に処分してもらうことになる。
しかし、年数が経っていない、人気製品等は高値で買い取ってもらえるため、まずは買い取り業者に相談してみるのもいいのかもしれない。

新着情報

◆2015/07/29
エコな社会をめざすための情報を更新しました。
◆2015/07/29
業者選定で費用節約の情報を更新しました。
◆2015/07/29
事業主が不用品を出す場合の情報を更新しました。
◆2015/07/29
不用品回収が必要なあなたへの情報を更新しました。
◆2015/07/29
不用品回収業者を使う流れの情報を更新しました。