業者選定で費用節約

不用品や粗大ごみを産業廃棄物処理業者に回収してもらう場合、気になるのはやはり費用である。
リサイクル品を販売している店に売れるものはまだいいが、エアコン、冷蔵庫、洗濯機をはじめとする家電等、運び出せないようなものは業者に引き取ってもらうしかない。
しかも、家電リサイクル法の絡みで、売れるものはいいが、売れない年式の者は別料金になってしまうのだ。
このような出費はできるだけ避けたい。
今回は節約のためのちょっとした小技を紹介しよう。

業者の選定

業者によって、その支払い体系は異なる。
中でも、オススメは買い取りシステムのある引き取り業者だ。
まだ使える棚や家電を買い取って、回収費用から差し引いてくれるのである。
また、体積で価格が決定する業者や重量で決定する業者があるため、自分の出す粗大ごみはどちらが有利かを計算するのもいいだろう。

車両割と人件費

車両数によって価格が決定する業者もある。
車両が少なければ少ないほど、小さければ小さいほど価格が安くなるため、洗濯機や冷蔵庫の中に他の家電をつっこむ等して体積を減らす作戦もできる。
また、自分も手伝うと予約の際に言うことで、出張してくる人員を削減することができるので、交渉してみよう。

まとめ

業者によって、料金体系が違うため、不用品回収はかなりの値段の差になってくるはずだ。
自分にとって一番有利になる業者を選定するために、慣れないうちは何社か見積もりを取ってみるのがいいだろう。
思わぬ割引を見つけることができるかもしれない。