事業主が不用品を出す場合

個人事業主いわゆる、自営業の方の不用品や粗大ごみは産業廃棄物となる。
そのため、ごみ収集所へ持っていくことはできない。
リサイクル品として買い取ってもらうか、民間の処分業者と契約して、処分してもらう必要があるのだ。

個人事業主がごみを出す場合

事業者が産業廃棄物の処理を委託する場合、それが正しく処分されているかが記載されている「マニフェスト」を交付しなければならない。
これに違反すると、6ヶ月以下の懲役または、50万円以下の罰金が科せられる。
そのため、マニフェストを発行してもらえる業者を選定しなければならない。

マニフェストとは

廃棄物の種類、数量、運搬業者名、処分業者名などが記載された書類のことである。
処分業者には、中間処理業者、最終処分業が記載される必要がある。
それぞれの業者が、ごみの処理を正しく行っているのか、不法投棄などを行っていないかなどをマニフェストによって管理することができる。
また、マニフェストは、保存期間が存在するため、個人事業主は不用品を処分する場合注意する必要がある。
事業主の場合、5年間なので、気をつけよう。

まとめ

民間処分業者に粗大ごみを委託する場合、それなりの金額がかかってしまうことになる。
しかし、業者によっては個人として委託する場合よりも安く処理をしてくれる業者もたくさん存在する。
業者としても、定期収入になる可能性がある個人事業主は逃がす選択などないのだ。
しっかり選定して、「個人事業主」と申告して契約を交わすようにするといいだろう。